本文へスキップ

犬のトリミング、ペットホテル、しつけ教室のVITA/武蔵小杉 武蔵中原 溝の口 新城 中原区 高津区

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.044-281-7111

〒211-0051 神奈川県川崎市中原区宮内4-9-35

犬の行動心理学concept

犬の行動心理学


【散歩中に地面を嗅ぎまわるのは?】
お散歩などに出かけると、偶然出会った他の犬と挨拶でお互いを嗅ぎまわる様子は
よく見かけると思います。
そのあと、犬はしきりに周囲の地面を嗅ぎまわる行動をします。
この行動心理についてご説明します。

解説
犬といえども他の犬との遭遇は、最初は警戒からはじまります。
これは犬・・・つまり野生の習性だと理解してください。
他の犬と遭遇する際、犬も相手に対してまずは警戒します。
警戒するということは緊張しているということ。
その緊張を解きほぐすために地面の匂いを嗅ぎまわり、リラックスさせているのです。
逆に口を開いて呼吸が荒くなったら気持ちが高ぶっている証です。



【飼い主の背中に乗ってくるのは?】
飼い主がくつろいでゴロンとしているときに、犬が背中に乗ってくることはありませんか?
お部屋で横になって本を読んでいる時・・・。
広い芝生の上でゴロンとなっている時・・・。
この行動心理についてご説明します。

解説
この行為は要注意ですのでやめさせるようにしましょう。
他のコーナーでもご説明しましたが、犬には主従関係があり、常に自分を中心にして
誰が上位か下位かを判断する習性があります。
人がくつろいでいるときに、人の上に乗りたがったり、身体の上にアゴを乗せたがる
犬は、犬の意識として人よりも自分が上位であるということを示しています。
そのまま放置していると主従関係や信頼関係にも影響してきますので
その行為を発見したらさりげなくやめさせるようにしてください。



【飼い主のそばからフイに離れていくのは?】
ソファーやリビングで今までおとなしく飼い主の足元でくろいでいた犬が
突然、フイに離れていくことはありませんか?
この行動心理についてご説明します。

解説
これは飼い主に対して安心して気を許している証拠です。
フイと今まで寝ていた場所から遠ざかり、離れた場所でまた寝始めてしまう・・・。
確かに奇妙な行動ですが、これは飼い主に対しての信頼関係の証だと思ってください。


【考えられない場所でのオシッコと震えの原因とは?】
お留守番をさせていたときに、家に帰ってきてみると、部屋の中は散乱し、
今まで決してしたことのない光景が目に・・・なんとリビングの机の上にオシッコ!
その上、犬の姿はなく、ハウスの中で震えている・・・。
こんなことはございませんか?
この行動心理についてご説明します。

解説
まず、犬のきもちの中で、お留守番という行為はとてもつらい事だということは事実です。
いつも飼い主と一緒にいたい・・・でも仕方ない。
会社に出かけたりする際のお留守番は犬も認識しているのですが、
家族全員で出かける際のお留守番は犬にとっても置いてきぼりにされたという
きもちが大きくなります。
机のオシッコ・・・これはまぎれもない腹いせなのです。
そしてやってしまった後のことは考えず、飼い主が戻ってきた際に、
いけないことをした時に叱られる恐怖がよみがえってきて振るえという行動に出るのです。
震える犬もいれば、上目遣いですまなそうにしていたり、仰向けになったりする犬もいます。




→犬の心理学トップへ

→犬の行動心理のページへ

→犬のしぐさ心理のページへ
→犬のポーズ心理のページへ


犬の権勢症候群というのがあります。
それはあなたと犬の関係を犬がどう感じているか・・・。
ぜひ、
権勢症候群のチェックシートで確認してみてください。





        川崎にあるトリミング、しつけ教室、ホテルのお店 ドッグサロンVITAのトップページへ
トリミング、しつけ教室、ペットホテルならドッグサロンVITA

犬の総合施設

ドッグサロンVITA

〒211-0051
神奈川県川崎市中原区
宮内4-9-35
TEL.044-281-7111
FAX.044-281-7110
営業時間9:00~18:00 年中無休
✉ dogsalon@vita-animal.jp
→アクセス