楽しく夏を乗り越える為に、、

7月に入り猛暑日が多くなってきました!わんちゃんは人より体温調節がうまく出来ないため高温多湿の環境には弱く熱中症にかかりやすくなってしまいます。

特に注意が必要な子は、子犬、高齢犬持病のある子、肥満の子などです!

お出かけの際はわんちゃんを常に気にかけましょう。

〜お出かけ中気をつけたいこと〜

わんちゃん熱中症の原因で一番多いい場面は車内でのお留守番です。どんなに短い時間でも車内はすぐに気温が高くなります。なので車内に一人で待たせることはやめましょう。

〜お散歩中に気をつけること〜

真夏のアスファルトは熱を持ちやすく50度ほどまで熱くなってしまいます。その上を歩かせてしまうと肉球が火傷を負ってしまったり体温が上がり熱中症になってしまうことがあります。なので夏のお散歩は日中の熱い時間を避け、朝方や夕方に散歩へ行き、なるべく日陰を歩くようにしわんちゃんを暑さから守ってあげましょう!

お出かけ中、お散歩中はしっかりわんちゃんを気にかけこまめに水分補給や風通しの良い日陰で休憩をしわんちゃんの体を冷やしてあげましょう!

〜夏のお散歩にあって助かるアイテム〜

*お水(飲み水、体を冷やすもの)

*保冷剤

*クールバンダナ、クールウェアー

などです。

体を冷やす時はお腹を冷やすと体温も下がりやすいです!

熱中症は室内でもなる場合もあるので常にわんちゃんを気にかけながら夏を乗り越えましょう!!

 

他のしつけ方・飼い方、動画はアメーバVITAブログ インスタグラム に投稿中です。

トリミング中にうっとり

他のしつけ方・飼い方、動画はアメーバVITAブログ インスタグラム に投稿中です。

愛犬の健康チェック!!

なでるときに貧血確認!

ワンちゃんの顔や頭を触るときは瞼の裏の粘膜の色を一緒にかくにんするといいでしょう。

健康的な桃色なら問題ありませんが、白っぽい状態が続く場合、貧血かもしれません。特にぐったりとしていて体力が低下しているような場合すぐに獣医師に診察してもらいましょう。

脱水にも注意しましょう!

暑さやストレスから脱水になることがあります。

ストレスでは、下痢やおう吐などから脱水が起きやすくなります。

口の中が乾いて唇が貼りつく感じの場合首の後ろの肩甲骨あたりの皮膚をつかみ持ち上げ、手を離した時すぐに皮膚が元の状態に戻らない時は脱水になっている可能性があるので病院へいき診てもらいましょう。

 

他のしつけ方・飼い方、動画はアメーバVITAブログ インスタグラム に投稿中です。

初めてのプードルちゃん

アメーバVITAブログ インスタグラム にもいろいろ投稿中です。

お手入れの仕方(道具編)

犬の毛をお手入れするにもいろんな道具があります。愛犬にあった道具を選び、使って毎日お手入れをしましょう。お手入れをすることで愛犬の健康状態が分かったり、コミュニケーションをとることが出来ます。

スリッカーブラシ

 

スリッカーブラシは表面の毛のもつれをとるのには良いですが奥の下毛をとるには向いていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてコーミングする時は、目の粗い方で行う。毛の根元にコームを入れて少しずつ動かし、引っかかったらそのもつれた所をほぐしていく。くれぐれも力を入れすぎないようにする。

 

 

 

 

 

 

 

ピンブラシ

ブラシは毛並みをそろえ、毛つやを出すのに効果的だけど、もつれや下毛を取るのには向いていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファーミネーター

柴犬など毛の抜ける愛犬には良く抜けて便利です。

 

 

 

 

 

 

 

爪切り・ヤスリ

 

 

 

 

 

 

 

カンシ

耳掃除や耳の中の毛を抜くときに使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンジ

顔などシャンプーをする時にいきなり水をかけるのではなくて、スポンジなどを使って顔を濡らしたり、シャンプー・リンスを流す時に使ってあげると愛犬も嫌がらなくなります。

ホテル

朝一に来たワンちゃん!

早速、他のワンちゃんとお友達になりました。

アメーバVITAブログ インスタグラム にも写真や動画を投稿中です。