動物愛護及び管理に関すること②

愛犬と楽しく安心して暮らすために必要なこととはなんでしょうか…。

今回はシニア世代の方のお話をもとに、飼い主の責務を果たすための現実的な生活のことを考えてみました。
シニアの方にとって、愛犬との暮らしで良いことはたくさんあります。
⚫︎愛犬からの信頼と愛情を感じて幸せな気持ちになれる。
⚫︎愛犬の話題を通して、お友達との会話が弾む。
⚫︎お散歩仲間ができたり、ご近所との繋がりができる。
⚫︎この子のためにも健康でいなくちゃ!と気力がわく。
しかし、飼い主様ご自身の体力低下や病気・ケガなどにより愛犬の世話が出来なくなった場合のことも考えておかなくてはなりません。
ご自分が当てはまる場合はもちろん、周囲にそのような状況の方がいる場合も、早目に対処することが大切です。
当店でも昨年から今年にかけて、飼い主様が体調を崩され入院することになりペットホテルで長期間お預かりすることになった子や、今後の自分の体調や体力を考えると世話をすることが難しいので、里親さんを探すことにしました…という方がいらっしゃいました。
ご家族やご親戚・ご友人に相談したり、動物病院や当店のようなドッグサロン・ペットシッターさんに相談するのもおすすめです。
周囲が気付いたときには、事態が悪化していてかなり深刻な状況に陥っていた…ということもあります。
日頃から、もしもの時に備えての情報収集や近隣の方とのコミュニケーションを大切にしておくと慌てずに済みます。
ある日突然、飼い主様と離れ離れになってしまったら…何もわからない愛犬は不安になりますよね。
強いストレスを感じ、体調を崩してしまうかもしれません。
そうならないためにも、日頃から飼い主様以外の人と交流を持ったり時々預けてみたり、自宅以外の場所でも落ち着いていられるように慣らしてあげると良いでしょう。
なんでもない時に練習しておくことが大切です。
飼い主の責任として、自身の都合で飼養することが困難となった場合、愛犬が安心して暮らせる環境を用意してあげなくてはなりません。
ご自身が当てはまる、または思い当たる方が近くにいらっしゃる場合は、専門家に相談することをおすすめします。
大切な愛犬の幸せのために…
ぜひ考えてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください